後遺障害が残ってしまったら補償してくれる制度があります。

予期しない交通事故に巻き込まれた時!
もしも後遺障害が残ってしまったら、その後の人生をどう過ごしていけばよいのでしょうか?
後遺障害が認定されると「後遺障害慰謝料」「逸失利益」の請求をすることになります。

後遺障害慰謝料は1級〜14級に分かれており、自賠責基準では1100万円〜32万円と等級毎に決められます。
それに対して弁護士が代理人として交渉出来る弁護士基準(裁判基準)という制度があります。
こちらの制度を利用すると2800万円〜110万円と金額が大きく増える可能性があるのです。
自賠責基準の認定に不満がある時は躊躇する事なく弁護士に相談しましょう。
診断書の見落としや評価ミスによる誤った認定を解決してくれるのは弁護士しかいません。
豊富な知識と経験がなければ等級が変更される可能性はほとんどないのです。
認定に有利な診断書の書き方も弁護士は熟知しています。
後遺症サポートドットコムを検索して経験豊富な弁護士を紹介してもらうのが良いでしょう。。

後遺障害慰謝料の他にも補償されている制度があります。
「逸失利益」という言葉聞いた事があるでしょうか?
それは交通事故に遭わなければ得ていた利益のことです。
こちらは労働能力喪失率によって計算されます。
1級では100%支払われますが、14級では5%の支払いとなります。
働いていない専業主夫(主婦)も対象になりますので必ず手続きをしましょう。