NDPマーケティングで広告の勉強を

インターネット広告に関わるシステムの1つとして、DSPと言うものがあるのをご存知でしょうか。
このDSPというのはデマンド・サイド・プラットフォームの略称であり、要するに広告主側に立って利益を追求することを目的としている広告プラットフォームとなっています。
ここの広告プラットフォームについて、詳しく紹介を行っているサイトとして、NDPマーケティングがあります。
NDPマーケティングはこの方式の広告だけでなく、インターネット上のマーケティングについて様々な情報を紹介しているサイトであるため、その方面に興味が有る方にとっては良い学習ができるサイトとなるでしょう。
それでは、NDPマーケティングによるDSPの解説の中から、それぞれのプラットフォームによって違っていることについて簡単に紹介します。
数多くあるプラットフォームの中で大きな違いとなっているのは、広告の配信先の違いです。
広告を行う側は、その広告がどこで行われているのか、ということについても十分注意をしておかなければなりません。
広告が行われるのはどこでも良いわけではなく、ターゲット層にあっているような場所や、イメージにあっているような場所で行われなければ効果が薄くなってしまうためです。

詳しくはこちら