タヒチアンダンスの基礎知識

タヒチアンダンスはその名のとおり、タヒチ島をはじめとする南太平洋の島々で踊られているダンスで、ポリネシアンダンスとも言います。ポリネシアでは、文字文化が未発達だった頃にゼスチャーで話を伝えていました。タヒチダンスはコミュニケーション手段から発達したため、非常に表現能力が豊かと言われます。タヒチアンダンスの中のアパリマというダンスは日本語にすると手話を意味し、手の動きが細やかで繊細なダンスです。ウエスト、ヒップ、背中などにタヒチアンダンスは効果的です。また、オテアというダンスも踊り手が自分の気持ちを込めて踊るダンスですが、一分間に200回も腰を振る激しいダンスで、日本でも下半身の筋力トレーニングやダイエット効果がが期待できるダンスとして注目を集めています。