遺族の支えになる弔電

高齢化社会の現在において、どうしても親族や知り合いの身近な高齢者が亡くなるケースを目の当たりにすることが多くなるのです。
そのとき、知り合いの高齢者が亡くなったのなら、お葬式に参列したいと思うものでしょう。
でも、仕事の都合や長期旅行でお葬式に出れないケースもどうしてもあるものです。
そこで遺族に対して心を寄せるつもりで弔電を送るべきだと思います。
そうすることで、一人でも多くの人が故人に対して、悲しみを抱いていることを遺族に伝えることができるでしょう。
そして、遺族が悲しみにくれている心を支えとなることは間違いないでしょう。
だからこそ、お葬式に参列できないときはなるべく弔電を出すようにするべきだと思っています。